環境対策とESG投資を両立する来年度のCDP回答支援

 国際連合において、2016年に地球温暖化に関する「パリ協定」と「持続可能な開発目標(SDGs)」が発効しました。
 両者の実現のため、各国政府、自治体、民間企業、国民等が一体となり、積極的に取り組んでいるところです。
 近年、金融業では、地球環境の改善に取り組む企業は持続可能があると評価され、投資対象として注目されています。いわゆる「ESG投資」(環境・社会・ガバナンス投資)への対応が重視されています。

CDPとは

 CDPはESG投資を実施するために、2001年に設立された投資対象となる企業が環境情報を開示する英国に本部のある国際NGOです。

 CDPは世界中の企業に質問書を送付し、企業からの回答をスコアリングして、企業の格付け(レベル分け)や分析を行います。主要な株式情報提供サービスはCDPへの回答を利用しています。CDPに署名した機関投資家は、CDPの情報を投資判断に利用します。

 世界の署名機関投資家は803社(運用資産総額100兆ドル)、CDP回答企業は2452社、内、日本の回答企業は、500社です。

温室効果ガスの排出量と吸収量がバランスのとれた社会

このページの先頭へ

Scope3の活用

 サプライチェーンの温室効果ガス(GHG)であるScope3の算出は、CDPの気候変動の質問書に回答するために不可欠です。

 また、Scope3の算出は、サステナビリティ報告(統合報告書等)作成のグローバル基準であるGRIサステナビリティ・レポーティング・スタンダードに準拠します。さらに、Scope3の算出は、年次の財務報告に気候関連情報の開示を推奨する金融安定理事会(FSB)の「気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)の提言」もでも求められています。

 Scope3の算出は、企業版2℃目標(SBT)にも利用されます。
 このように、Scope3は、様々な場面で利用される有効なGHG排出の物差しであり、現在、活用が拡大しています。

Scope3の算出について

 Scope3は、算定項目が多く、データ収集が困難な情報もありますが、優先順位付けや代替情報により、Scope3を算定することが可能です。しかし、この準備や社内外との調整を要するため、半年程度を要する場合もあるので、早目の着手をお勧めします

来年のCDP質問書のための回答支援サービス

下記のサービスを、単独、または、組み合わせで行います

(1)CDP回答のレベルアップを目指す年間支援サービス

  1. CDP回答のための環境対策の改善支援
  2. TCFD(気候関連財務情報開示タスクフォース)への対応の支援
  3. SBT(企業版2℃目標)への対応の支援
  4. FTSEやMSCIの環境分野への対応の支援

(2)Scope3の算定支援

 下記のような企業をご支援します。

  1. Scope3を算定したことがない
  2. Scope3の全カテゴリーを算定していない
  3. Scope3の算定の精度を向上したい

(3)実測・モニタリングとアセスメントやライフサイクルアセスメント(LCA)の支援

1.ウォーターセキュリティ

  • 水の側面のモニタリング等から、将来見通し(流域/集水域等)
  • 災害や法律から、ビジネスへの影響のアセスメントの実施
  • 水利用に関するライフサイクルアセスメント(LCA)の実施

2.フォレスト

  • 土地資源の管理(モニタリング)、データ収集(質を向上) 
  • 森林に関するアセスメントの実施
  • 森林資源に関するライフサイクルアセスメント(LCA)の実施
食物連鎖イメージ

弊社の概要と実績

 弊社は、1980年に設立された社歴40年近い環境・情報コンサルタントです。
 これまで、内閣府、環境省等の官公庁をはじめ、東京都、千代田区、中央区、千葉県、千葉市、成田市等の関東圏の自治体から多くのコンサルタント業務を受注してきました。
 CDPに関連する業務としては、地球温暖化対策、生物多様性、環境政策・計画に関する業務などがあります。

【地球温暖化対策に関する主な業務実績】

  • 平成24年度 神奈川県川崎市 公共施設への省エネルギー対策のモデル導入事業委託
  • 平成24年度 東京都 葛西臨海水族園地球温暖化対策支援業務委託
  • 平成24~26年度 東京都小金井市 環境配慮住宅型研修施設管理・運営支援委託
  • 平成25~30年 東京都調布市 技術管理者等業務委託(省エネ診断)
  • 平成28年度 東京都新宿区 中小事業者省エネ対策支援に係る業務委託

生物多様性に関する主な業務実績】

  • 平成22年度 神奈川県川崎市 片平緑の保全地域指定予定地保全管理計画策定業務委託
  • 平成23年度 神奈川県川崎市 特別緑地保全地区等モニタリング調査検討業務委託

【環境政策・計画策定に関する主な業務実績】

  • 平成26年 東京都調布市 調布市環境基本計画の評価及び次期計画の策定支援業務
  • 平成29年度 神奈川県大和市 大和市環境基本計画改定業務委託

 この度、SDGsの取組を支援する目的で、企業に対するコンサルタント業務を強化し、今後、CDPを普及させるため、6月3日付で、CDP対策支援室を開設しました。

担当

中村 洋之
SDGs推進センター 副センター長 兼 CDP対策支援室 室長

資格
  • 技術士(環境部門/環境保全計画)
  • APECエンジニア(環境)
対応する業務内容
  • CDP質問証の回答支援
  • SBT、RE100、TCFDの取組支援
  • SDGsの取組支援
  • Scope3の算定及び支援
  • ライフサイクルアセスメント(LCA)の実施及び支援
  • カーボンフットプリント(CFP)の実施及び支援
  • 環境ビジネスの開発支援
  • 環境保全活動のデータ収集と対策支援
  • ISO国際規格の開発及び支援

お問い合わせ

株式会社セルコ 環境事業部
電話:03-3406-1724  ファクス:03-3406-1595

このページの内容に関するお問い合わせはこちらから(SSL対応)

このページの先頭へ